農業界の仕事

さまざまな種類の農業界の仕事

 

生活を支える食物。

身近に新鮮で美味しい食物を毎日口にすることができるのは、農業で働く人たちのおかげ。
自然とともに育つ食物は数知れず、その数同様に実は農業界には、さまざまな種類の仕事があります。

 

総務省が定める「日本標準産業分類」に細かく分類されてありますが、ここでは、農業界の仕事を身近に一般的な分類でわかりやすくご紹介します。

農業は、大きく「耕種農業」「畜産農業」の2種類に分けられます。

 

それぞれの分類のなかでも、作っているものやサービスによって、さらに業種分けがされています。
代表的なものをそれぞれ解説していきます。

 

 

耕種農業

耕種農業とは、田畑を耕して種や苗から米や穀物・果樹・野菜・花などの植物を育てる農業の総称です。
代表的な分野をご紹介していきます。

稲作

稲作-jobsfarm

 

「コシヒカリ」・「あきたこまち」・「ひとめぼれ」。日本を代表する作物・主食となる「米」づくり。
“水稲”と呼ばれる田んぼに水を張って、苗を植え育てる方法がほとんどですが、“陸作”と呼ばれる畑で育てる稲もあります。
田植えや稲刈りだけでなく、苗づくり・土作り・水田の管理など一年を通じて、美味しい米を作るための仕事があります。

畑作

とうもろこし-jobsfarm

 

麦類・豆類・イモ類・トウモロコシや蕎麦などを水のない田(陸田)で栽培を行う「穀物」づくり。
同じ作物を作り続けると生育不良を招く(連作障害)場合もあるため、輪作や間作・混作を行う土壌との長期的なかかわり・工夫が必要になります。

野菜作

キャベツ-jobsfarm

 

キャベツ・白菜・レタス・大根など、野外の畑で比較的自然に強い野菜を栽培する「露地野菜」。季節に応じた「野菜」づくりを行います。
対照的に収穫が安定するビニールハウスや温室で栽培する「施設野菜」。ナス・トマト・ピーマンなどを年中品質を保ちながら栽培します。

果樹作

デラウェア-jobsfarm

 

桃・梨・みかん・ぶどうなどの「果物」づくり。
イチゴやメロンなどハウス栽培されるものもありますが、それぞれの収穫期に合わせて一年を通して、長年かけて育った一本一本の木の手入れ・管理を行い、収穫まで行います。

花き作

花き畑-jobsfarm

 

生活を彩るには欠かせない「花」づくり。
イベントや季節に応じた花を栽培し出荷します。
出荷は、苗・切り花・球根などの形態に分かれます。現在では、さまざまなニーズに応えるため、新しい品種の改良を行っている生産者も多くあります。

畜産農業

畜産農業とは、牛・馬・羊・豚・鶏などの家畜や家禽を飼育し、肉や乳・卵などの食品物を生産する農業の総称です。
皮皮や毛・蚕などの生産も含まれます。
代表的な分野をご紹介していきます。

酪農

酪農-jobsfarm

 

牛や羊を飼養して飲用乳を生産したり、乳を精製・加工してチーズやバターなどの乳製品を製造する農業。
個人経営の牧場から多くの家畜を飼育する法人牧場まで幅広く、乳製品などを活かしたレストラン運営など、生産から販売まで経営も幅広く行われています。
季節に関係なく、飼育する牛などの世話や管理を行う必要があります。

肉用牛

 

黒毛和種・褐毛和種・日本短角種・無角和種・ホルスタイン種などの肉用の牛を飼養し、肉を生産する農業。
生産工程は二種類に分かれており、素牛と呼ばれる子牛を繁殖させて育てる「繁殖牧場」と買った子牛を育てる「肥育牧場」。
繁殖牧場は、生後半年~一年ほど子牛を育成します。その素牛を市場で買った肥育牧場で、二年半~三年ほど育成し、出荷されます。
大規模牧場では繁殖と肥育を一貫して行っている牧場もあります。
酪農と同様に季節に関係なく、飼育する牛の世話や管理を行う必要があります。

養豚

 

大ヨークシャー種・デュロック種・ランドレース種・バークシャー種・ハンプシャー種・ヨークシャー種、6品種の食肉用の豚を飼養し、繁殖から肥育・出荷までを一貫して行う経営体が多い。
バークシャー(黒豚)以外は、6品種を掛け合わせて繁殖させることが多く、豚は生後180日前後で美味しいとされる肉豚になります。黒豚は240日前後かかるとされています。

養鶏

 

食用の鶏(ニワトリ)を飼養し、卵や鶏肉を生産する農業。卵を生産する採卵鶏を飼う養鶏場と、鶏肉を生産するために食用鶏を飼う養鶏場の2種類に分類されます。
どちらも鶏の飼養管理が主な仕事ですが、採卵養鶏は、卵の出荷管理も行います。

 

>>関連記事「農業界の働き方と種類」