伝統産業の知識を育む

“継なぐを仕事に”

伝統と文化を継なぐ

伝統産業の仕事-jobsfarm

 

さまざまな地域に根ざした文化を職に

日本ならではの文化やモノ。

 

今ある文化やモノの原点や基礎となっているモノも。

 

原点となり、良いと感じられるモノだからこそ、古くから受け継がれ残り続ける。

 

100年以上も前から続く日本のモノづくりの文化と技術。

その技術は、外国の方からも高い興味や関心を持たれ、“日本のモノ”として広く知られています。

伝統工芸の漆器が海外では「Japan」と呼ばれるほど。

 

その伝統産業や地場産業は、文化や風土・気候などの自然資源と匠の技が組み合わさり、

古くからその“地域に根ざした産業”として発展したもの。

それぞれの地域の特性を活かして生まれ、受け継がれてきたもの。

 

日本のふるい建造物の技法や農業・林業・水産業、食の特産物も伝統産業といえる。

 

時代やニーズ・技術力の変化から、さまざまなものにいわゆる“革新”が求められているのも現実。

「古くから伝わる技術や技法」に「現代人の発想がエッセンスとして」が加わる。

デザイン性や用途の広がり。可能性は広がる。

だからこそ現在、魅力ある伝統産業として“継なぐ”。

 

ここでは、伝統ある職を“モノづくり”に焦点をあて、工芸品を中心に一部ご紹介していきます。

 

 

 

日本の伝統産業一覧

伝統産業一覧-jobsfarm

 

伝統産業(工芸品)は、各地に次のようなさまざまな種類があります。

 

・陶磁器(焼き物)
・漆器
・木工品、竹工品
・金工品
・織物
・和紙
・文具
・その他

 

各都道府県別に代表的な物をご紹介していきます。

 

現在、伝統工芸を保護するなどの目的で、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づいて、
232点(2018年11月時点)の工芸品が、経済産業大臣に指定された「伝統的工芸品」とされています。

 

【北海道】
旭川木彫 アイヌ工芸品

【青森】
津軽塗

【岩手】
南部鉄器 秀衡塗

【宮城】
宮城伝統こけし 鳴子漆器 仙台箪笥

【秋田】
大館曲げわっぱ 秋田杉桶樽 樺細工

【山形】
山形鋳物 天童将棋駒

【福島】
会津塗 会津本郷焼 奥会津編み組細工

【茨城】
真壁石灯篭 笠間焼 結城紬

【栃木】
益子焼

【群馬】
桐生織 伊勢崎絣

【埼玉】
岩槻人形 秩父銘仙 春日部桐簞笥

【千葉】
房州うちわ 千葉工匠具

【東京】
江戸切子 江戸からかみ 東京アンチモニー工芸品 東京銀器

【神奈川】
小田原漆器 鎌倉彫 箱根寄木細工

【新潟】
小千谷縮 燕鎚起銅器 越後三条打刃物 長岡仏壇 三条仏壇

【富山】
越中和紙 高岡漆器 高岡銅器 庄川挽物木地

【石川】
加賀友禅 九谷焼 輪島塗 山中漆器 金沢箔

【福井】
越前焼 越前漆器 越前和紙 若狭めのう細工

【山梨】
甲州手彫印章 甲州水晶貴石細工

【長野】
信州紬 松本家具 南木曽ろくろ細工

【岐阜】
美濃焼 一位一刀彫 飛騨春慶 岐阜提灯

【静岡】
駿河竹千筋細工 駿河雛具 駿河雛人形

【愛知】
名古屋友禅 瀬戸染付焼 豊橋筆 名古屋桐箪笥 尾張七宝

【三重】
伊賀焼 伊賀くみひも 鈴鹿墨

【滋賀】
信楽焼 近江上布 彦根仏壇

【京都】
西陣織 京友禅 京繍 京小紋 京くみひも 京仏具 京扇子

【大阪】
大阪欄間 堺打刃物 大阪金剛簾

【兵庫】
出石焼 播州そろばん 丹波立杭焼

【奈良】
奈良筆 高山茶筅

【和歌山】
紀州漆器 紀州へら竿
【島根】
石見焼 石州和紙 雲州そろばん 出雲石燈ろう

【鳥取】
弓浜絣 因州和紙

【岡山】
備前焼 勝山竹細工

【広島】
宮島細工 川尻筆 熊野筆 福山琴

【山口】
萩焼 大内塗 赤間硯

【香川】
丸亀うちわ 香川漆器

【徳島】
阿波和紙 大谷焼 阿波正藍しじら織

【愛媛】
砥部焼 大洲和紙

【高知】
土佐打刃物 土佐和紙

【福岡】
博多織 久留米絣 博多人形 小石原焼

【佐賀】
伊万里焼・有田焼 唐津焼

【長崎】
波佐見焼 長崎べっ甲

【熊本】
天草陶磁器 肥後象がん 山鹿灯籠

【大分】
別府竹細工

【宮崎】
都城大弓

【鹿児島】
大島紬 薩摩焼

【沖縄】
首里織 八重山ミンサー 読谷山ミンサー 久米島紬 宮古上布

 

 

そのほかにも、愛媛・今治のタオル産業や沖縄の三線など、地域が生み出した“伝統産業”はまだまだ数多く存在します。

 

日本の大切な文化や匠の技。

 

受けて“継なぐ”を仕事にしてみませんか。